メメさん¥8000以上の
 お菓子を御買い上げ、
 又 包装無しをご指定の
 お客へ、ご自宅発送の
 お箱に、ささやかですが
 手作りお菓子のプレゼン
 トをお入れしております

ガナッシュケーキ

アールグレーガナッシュチョコレートケーキ(要冷蔵))

ミユキ先生のご紹介



ミユキ
  
洋菓子研究家
森賀 ミユキ

27年前にチョレート&焼き菓子専門店『お菓子のアトリエミユキ』を設立。
手作り菓子の美味しさがお伝えできれば幸いです。

日記はこちら >>

携帯ページ

当店リンクバナー

お菓子のアトリエミユキのバナーです。相互リンクお願いいたします

お菓子のアトリエミユキ
お菓子のアトリエミユキ

お菓子のアトリエミユキ
お菓子のアトリエミユキ

 

(HOME»  ミユキ先生のご紹介
(HOME»  ミユキ先生のご紹介»  2020年2月の日記»  チェリーボンボン再度作りました♪

チェリーボンボン再度作りました♪

チェリーボンボン再度作りました♪

バレンタインデーに合わせて作ったチェリーボンボンがほぼ売り切れとなり、昨日もう一度作りました。

ただこのチェリーボンボンの食べ頃は2月16日頃からとなります。

召し上がれないわけではないのですが、チョコレートの中がすべて液体のお酒になるのに、しばらく時間がかかります。

チェリーボンボンは召し上がるタイミングにより、お味が違うので良かったらお試しください。


チェリーボンボン

 
ご家庭で作る果実酒の作り方をご存じの方も多いと思います。

氷砂糖と焼酎で漬け込みますが、このチェリーボンボンも原理は同じで、
球形のクーベルチュールチョコレートの中で、同じような変化が起こります。

材料はブランデーやドイツのチェリー酒キルシュ、そしてお砂糖はフォンダンを使っていますので、
チョコレートの中に閉じ込めて作る高級チェリー酒って感じです。


2週間ぐらい経つとチェリーから砂糖の浸透圧ですべてのエキスが出て、
果実の方はしわしわになり、たっぷりのチェリー酒が味わえます。

7月にブランデーに漬け込んだチェリーが時間をかけて芸術的なお味に仕上っていきます。

お酒が苦手でない方は一度お試しください。
きっとこのチェリーボンボンの虜になることでしょう


チェリーのブランデー漬け


チェリーボンボン

 メメ次回は3月14日ホワイトデーに向けて沢山作ります。
多分これで今季のチェリーボンボンの作成は終わりになりますので、ご希望の方はお早めにご予約下さい。


★チョコレートの適温は15~18℃です。

中から液体が出てきますので、お召し物を汚されない様、又種が含まれますので気をつけてください。

★中が液体になってくると、チェリーの枝の付け根の所から、
どうしてもお酒が少しもれてくることがございます。ご了承下さい。

2020-02-07 11:37:00

2020年2月の日記   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント