メメさん¥8000以上の
 お菓子を御買い上げ、
 又 包装無しをご指定の
 お客へ、ご自宅発送の
 お箱に、ささやかですが
 手作りお菓子のプレゼン
 トをお入れしております

ガナッシュケーキ

アールグレーガナッシュチョコレートケーキ(要冷蔵))

ミユキ先生のご紹介



ミユキ
  
洋菓子研究家
森賀 ミユキ

28年前にチョレート&焼き菓子専門店『お菓子のアトリエミユキ』を設立。
手作り菓子の美味しさがお伝えできれば幸いです。

日記はこちら >>

携帯ページ

当店リンクバナー

お菓子のアトリエミユキのバナーです。相互リンクお願いいたします

お菓子のアトリエミユキ
お菓子のアトリエミユキ

お菓子のアトリエミユキ
お菓子のアトリエミユキ

 

(HOME»  ミユキ先生のご紹介
(HOME»  ミユキ先生のご紹介»  2020年8月の日記

2020年8月の日記

  • 件 (全件)
  • 1

残暑お見舞い申し上げます

皆様お変わりございませんか。
8月も終わりになりましたが、まだまだ残暑が厳しいですね。
例年に比べ夕立があまりなかったので、夜までしっかり暑さが残り、もうクーラー無しは考えられない感じでした。
まだしばらくこの暑さは続きそうですので、皆様も熱中症に気を付けてお過ごしください。

この夏はコロナの感染者数が増えた為、予約していた旅行もキャンセルしてステイホームしていました。

お盆明けには我が家恒例の外壁と外構掃除を数日かけてしたところ、不覚にも体調を崩し寝込んでしまい、本当に健康管理の難しさを感じる今日この頃です。
一旦傾き始めると転がるように悪くなっていく感じで。
お蔭で経絡を少し勉強してツボを覚え、せんねん灸に随分助けられました^^。

さあ明日から9月!
そろそろ9月8日(火)の開店に向けて準備をスタートします。
今期も皆様に喜んでいただけるよう、季節ごとのお菓子をたくさん作ってまいります
*^^*
皆様のご来店楽しみにお待ちしています♪




 

2020-08-31 18:00:30

コメント(0)

折りたたむ

スタッフ募集終了のお知らせ

猛暑が続いていますが皆様お変わりございませんか。

毎日恐いぐらい暑いですね。。


メメさん さてブログにスタッフ募集を出させていただいておりましたが、嬉しいことに本日決まりました♪

これで募集は一旦終了させていただきます。

ありがとうございました。


実は今日は父の7回忌。

あちらから両親が良いご縁をセッティングしてくれているように思えました。


実はこのお菓子の仕事を始めた頃は、まずは58歳までとにかく頑張ろうと決めていました。

第一回目の引退と。

それがあっという間にその目標の歳になり、さてこれからいつまで続けられるのだろう。

こんなことを言うと笑われますが、気持ちだけは28歳ぐらいで止まっているのですが・・・

身体や脳の老化は止まりません。

日々ガッカリすることも多くなってきています。

どうしたものでしょうね・・・。

この冬からは催事などもお断りして仕事量を減らし、
身体を労わりながら更に集中して丁寧な仕事をしていきたい。

これからもお客様達やスタッフに支えていただきながら、皆様に喜んでいただけるお菓子作りや、
楽しいサロン空間を創っていけたら幸いです。

9月8日(火)からの、お店再開が楽しみです♪

 

2020-08-07 13:10:03

コメント(0)

折りたたむ

可愛い小雀保護

昨日はお休み1日目。
土曜日ということもあり、お休みに入ったことをご存じないお客様たちが
ご来店いただき午前中はほとんど店内で過ごしました。

午後は、ようやく梅雨も明け良いお天気でしたので、
待ちに待った梅の土用干しをしようと用意していたら、

メメさんイラスト 玄関から主人が「雀の赤ちゃんがいるよ~!」と・・・。
行ってみると弱り切った、まだ上には飛べない小さな雀が玄関外の隅にうずくまっていました。

昨夜の大雨で巣から落ちたのでしょうか・・・。
可哀そうに濡れてどろどろ状態。
しばらく親鳥が来ないかとみていましたが、
どちらにしても巣が特定できなくては返すこともできないし、
目の前は交通量の多い道路で危ないので、いったん保護しました。

見ると体にはダニがいっぱい湧いていたので、お風呂場で水浴びをさせ、
ガーゼで体をふき、しばらくは私の左手がちゅんちゃんの巣。
体がきれいになって、手のぬくもりで落ち着いたのか居心地よさそうにしていました。

落ち着いたところで、ミルクと豆腐を交互に指にくっつけて小さなくちばしに近づけてみると、
最初は反応がなかったけど、一度食べ始めると美味しかったのか、
小さな黄色いお口で一生懸命食べてくれて一安心。
保護して数時間が経つ頃にはすっかり元気になり、ピーピー鳴きだしたので、
この感じだと10日ぐらいお世話して放鳥すればいいかなと思ったのですが、
ネットで見てみると野鳥は家では飼えないとのことで、
保護施設に持ち込んでくださいと書いてあったので、保護先の横浜ズーラシアまで連れていきました。

ズーラシアに着くと私の前には丁度メジロのひなを保護して持ち込んだ方がいて、しばらく待ち。
その後ズーラシアの若い職員さんがこの小さな命に対して、
とても親切丁寧な説明と対応をしてくださり、
最後には「その後の経過観察を知りたい時はお電話ください。お知らせいたします。」
と仰っていただき、なんだか感動しました。

ご迷惑かなと少し心配だったのですが、
「一般家庭での野鳥の保護は難しいんです。こちらに持ち込んだことは良い判断でした」
と仰っていただき、ここにお任せしたら大丈夫だと安心して帰りました。

折角ズーラシアまで来たのだから、散歩がてら入園したかったな~。


そんなこんなの夏休み1日目でした。

ちなみに保護施設には持ち込めない動物や鳥もあるみたいなので、
もしこんなケースに出会ったら前もって調べてくださいね。







 

2020-08-02 13:14:43

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1